もうすぐ翠嵐100年 翠翔みらい館

「神奈川県まなびや基金」を活用した多目的施設「翠翔みらい館」の設置

2015/1/27

平成26年12月1日 完成いたしました

創立100周年記念事業の一環として、「翠翔みらい館」の設置に取り組んで参りましたが、このたび、平成26年12月1日に無事に完成しましたので、ご報告します。

翠翔みらい館
翠翔みらい館

「翠翔みらい館」は、グラウンドに面した生徒昇降口部分を改築して、可動間仕切りを設置した約200uの多目的施設です。 この多目的施設「翠翔みらい館」は、卒業生をはじめ翠嵐に係わる多くの方からの募金によって建設されました。

多人数の生徒を収容できる大教室として、また、選択授業や習熟度別・小集団授業の実施教室として、課外活動では、文化系部活動の活動場所として、さらに、運動部については、卒業生・現役交流会の会場として等々、未来へ飛翔する翠嵐生の夢の実現をサポートする施設としての活用が期待されます。

12月13日には「翠翔みらい館」の使い初めとして、土曜講習を行いました。約80人の生徒が数学の問題に取り組みました。早速、生徒の様々な活動に使用させていただいております。

翠翔みらい館

翠嵐会の皆様には平成27年5月16日に開催される翠嵐会総会にてお披露目する予定ですので、是非お越しください。

皆様の温かいご支援・ご協力に対し、心より感謝申し上げます。

なお、翠嵐高校のホームページにも完成前の写真が載っています。→ こちらをご覧ください

「神奈川県まなびや基金」とは

「神奈川県まなびや基金」は、神奈川県の「県立教育施設再整備10か年計画」(まなびや計画)に基づく県立高校の耐震化や特別支援学校の新設、教育施設全般の老朽化対策などの教育環境整備をより一層進めるため、平成21年度に設置された基金です。これまでに、同窓会等の篤志家の方々からいただいた寄附金により、歴史館建設やトイレ改修工事、体育館改修工事などが実施されています。

▲このページの先頭へ