終了したイベント

第11回 翠嵐会音楽会のご案内 2016/11/24

mixiチェック

翠嵐高校創立100周年記念演奏会に出演した、プロ演奏家を中心に結成された「横浜発・エキセントリック室内楽団 メタモルフォーゼ」の演奏をお楽しみください

第11回 翠嵐会音楽会

主 催 神奈川県立横浜翠嵐高等学校同窓会「翠嵐会」音楽委員会
開催日時 平成28年11月3日(木・祝) 16:30開場 17:00開演
会 場 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール
入場料 全席自由 ¥3,000
チケット 1.インターネット(Livepocket) (PC、スマホ、携帯で購入できます)
2.かなっくホール チケットデスク (カウンターでの直接販売です)
3.井桁ギター教室(実行委員会事務局)(店頭での直接販売です)

出演者 (翠嵐高校卒業順)

西川玲子

バイオリン:西川 玲子(にしかわ れいこ 高27回)

東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。大学に於いて日高毅氏、卒業後に和波孝禧氏、安芸晶子氏、ミルズカレッジのディビッド・エイブル氏に師事。
現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団第1バイオリン奏者。アンサンブルグループ「横浜ノネット」で室内楽、「デュオ・プリマヴェーラ/気分はいつも春」シリーズで、バイオリンデュオとソロのコンサート活動を続けている。

平沢 匡朗

ピアノ、チェンバロ:平沢 匡朗(ひらさわ まさあき 高33回) リーダー

桐朋学園大学卒業。福元さざれ、中山靖子、渡邉康雄、デートレフ・クラウスの各氏に師事。GPAダブリン国際ピアノコンクール特別賞受賞。ソリストとしてルーマニア・ブラショフフィルハーモニー、ロイヤルチェンバーオーケストラ、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。室内楽奏者としても、イヴリー・ギトリス、トーマス・フェオドロフ、カリン・アダム、天満 敦子、木野 雅之をはじめとする演奏家と多数共演。
1996 年より毎夏、ウィーン近郊の町、ホルン(Horn)に おける《Allegro Vivo・オーストリア国際室内楽音楽祭》に参加、コレペティトゥーアおよび ピアノ・マスタークラスを担当している。また、田園調布混声合唱団指揮者、 洗足学園大学講師として後進の指導にもあたっている。
ソロ CD に「平沢匡朗 プレイズ モーツァルト」「平沢匡朗プレイズベートーヴェン」他多数あり、レコード芸術その他各誌で高い評価を受けている。

後藤恭子

フルート:後藤 恭子(ごとう きょうこ 高36回)

武蔵野音楽大学器楽学科フルート専攻卒業。在学中、福井直秋記念奨学生に選ばれる。ハンガリー国立リスト音楽院修了。現在、後進の指導にあたりながら、海外アーティストとの共演、アンサンブルのコンサートに出演等、積極的に音楽活動を行う。甲斐道雄、三村園子、ローラント・コヴァーチ、マトゥーズ・イシュトヴァンの各氏に師事。

桃原 健一

オーボエ:桃原 健一(とうばる けんいち 高41回)

東京藝術大学卒業。現在主にオーケストラ、室内楽等でバロックから現代まで取り組んでいるものは編成においても様々な活動を行っている。フィンランドのクフモ室内楽音楽祭 ミュージックコースに参加。ジャン・ル・トワーズ横浜、 東京奏楽舎メンバー。 戸塚区演奏家協会会員、横浜市民広間演奏会会員。齋藤勇二、似鳥健彦、小島葉子、小畑善昭、藤木聡、室内楽を海鋒正毅、中川良平の各氏に師事。

山戸 宏之

ユーフォニアム:山戸 宏之(やまと ひろゆき 高41回)

昭和音楽大学卒業。卒業後、イギリス・バーミンガム音楽院に1年間留学。現在、ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ、トレイルブレイザーズ・テンピース・ブラスのバリトン奏者。その他、吹奏楽、アンサンブル、ソロ等でユーフォニアム、バリトン奏者として活動している。昭和音楽大学非常勤講師(合奏)。東京音楽院講師。
三浦徹、大房美穂、深石宗太郎、スティーブン・ミードの各氏に師事。

石黒 豪

チェロ:石黒 豪(いしぐろ ごう 高45回)
オーストラリア生まれ、横浜育ち。横浜翠嵐高校弦楽合奏団(現弦楽部)入団を機にチェロを始める。これまでに松岡陽平、ピーター・サイデンバーグ、ペーター・バラン、後藤幸子の各氏に師事。
現在は一般財団法人ヤマハ音楽振興会認定大人の音楽レッスンチェロ科講師及び研修スタッフとして後進の育成にあたる傍ら、クラシック室内楽を中心に、ポップス、ラテン、ジャズのミュージシャンとの演奏活動も積極的に行っている。

本間 久美子

ピアノ、キーボード:本間 久美子(ほんま くみこ 高45回)

洗足学園音楽大学器楽科ピアノ専攻を優秀賞で卒業、同大学大学院音楽研究科修了。
在学中、学園より給付を受けウィーン短期留学。ウィーン国立音楽大学教授エリザベート・ドヴォラック・ヴァイスハール氏に師事。近年ではソロ、室内楽のほか、インストゥルメンタル・パフォーマンス・ユニット「夢幻華紋」としても活動の場を広げている。ピアノを土屋律子、金澤桂子、佐野ふさの各氏に師事。

大出 佳子

ホルン:大出 佳子(おおいで よしこ 高47回)

日本大学芸術学部音楽学科卒業。東京ミュージック&メディアアーツ尚美ディプロマコース修了。ホルンを高瀬晃也、守山光三、藤田乙比古、樋口哲生の各氏に師事。後進の指導にあたりながらオーケストラ、室内楽を中心に活動中。「木管アンサンブル クラルテ」メンバー。鎌倉ジュニアオーケストラのトレーナー。

星野 沙織

バイオリン:星野 沙織(ほしの さおり support)

国立音楽大学を首席で卒業、同時に武岡賞受賞。第80回読売新人演奏会出演。桐朋学園大学院大学修了。パブロ・カザルス国際音楽アカデミーや霧島国際音楽祭など第3回全日本芸術コンクール 音大部門第2位(1位なし)。
小森谷巧、徳永二男、清水高師、藤原浜雄の各氏に師事。現在、奏者としてフリーで活動するかたわら、レスナーとして個人レッスン、国立音楽大学演奏補助員、及び国立音楽大学附属小学校非常勤講師。2015年、ソロアルバム「Piazzolla for Two」リリース。


手使海ユトロ

作曲/プロデュース:手使海ユトロ(本名:小笠原寛 高20回)

TBS「世界ウルルン滞在記」の主題曲はじめ、有名デザイナーのファッションショーの音楽プロデュースやアニメソングの作曲など、さまざまなジャンルの音楽を担当し、幅広く活躍している。
東京音楽祭編曲賞はじめ数多くの受賞をうけているが、デジタルコンテンツなどをとりいれた新しい手法での作曲や編曲も高く評価され、AMD Award Digital Contents of the Year '95/郵政大臣賞、MULTI MEDIA GRAND PRIX '95/エンターテイメント賞なども受賞。
翠嵐高校創立100周年記念演奏会では、作曲家/音楽監督として活躍。

第11回翠嵐会音楽会実行委員

実行委員 大出佳子(委員長、高47回)、近藤邦子(高36回)、丸山忠和(高42回)、
野口直宏(高42回)、高橋淳二(高45回)、山田雄太(高57回)、
秋山駿(高64回)、高橋克典(高68回)、松岡由貴(高68回)
プロデュース 馬場洋一(高20回)、手使海ユトロ(高20回)、伊藤成人(高20回)
制作協力 飯塚靖人(アオイスタジオ)
デザイン 犬飼邦夫(高20回) タイトル&タイトル画:書画家 夏生(高59回)
事 務 局 井桁ギター教室 井桁典子(高29回)