終了したイベント

第4回 青春かながわ校歌祭のご報告

青春かながわ校歌祭  神奈川県立高校24校の同窓会が母校の校歌を歌い交流する「第4回青春かながわ校歌祭」が、10月10日、厚木市文化会館で開催され、翠嵐は卒業生70名(中30〜高56)と吹奏学部の在校生23名が参加しました。
 翠嵐会の栗原義昭会長のご挨拶の中、上品な緑のスカーフで統一した合唱団が入場し、熊坂良雄(高12)の指揮、小澤眞木子(高24)のピアノ伴奏で、「翼をください」の素晴しいハーモニーを聴かせてくれました。
応援部OBによるVエール 2曲目は、吹奏楽部の演奏と応援部OBが加わり、第一応援歌を小西庸二(高21)のリードで勇壮に歌いました。ステージの吊バトンに届きそうな大団旗も入場。気分は青春、「翠平戦」。
 最後は校歌を夏目田孝雄(高16)のリードで、合唱団、吹奏楽部、応援部が一体となった見事な大合唱となりました。若々しいVエールも見事でした。
平沼高校からエールを受ける  1954年から1980年まで続いた体育対抗戦「翠平戦」で戦った横浜平沼高等学校(翠嵐が13勝12敗)とエール交換。受ける側も壇上に上がり、当時の応援の神聖な儀式にふさわしい礼節あるエール交換で会場を沸かせました。

 この間、旗手の樋口圭(高42)が掲げ続けた大応援団旗の風格に度肝を抜かれた観客も多かったでしょう。大団旗は畳6畳以上で重量のある物、垂直に保持しエール交換では水平に倒すなど旗手は体力勝負、彼は2週間ジムに通ってこの日に備えたそうです。
 また、現役吹奏楽部についても事前に行われた3回の練習会以外に、里見正憲(高24回)が母校へ赴き指導してくださいました。

 校歌祭終了後の打ち上げでは、予定の会場に入りきらず、厚木、横浜3ケ所に分かれて開催し、それぞれの会場で大いに盛り上がったほどです。
 このように校歌祭が当日の7分間だけのものでなく母校での青春時代を思い出し、年代の枠を超えて懇親を深め、素晴らしい時を刻んだイベントとなりました。⇒写真集⇒ビデオ

 来年の「第5回青春かながわ校歌祭」は、翠嵐が幹事校です。皆さんのご協力を得て、これまで以上の校歌祭を開催しましょう。

(敬称略)

「第5回 青春かながわ校歌祭」概要

主催かながわ校歌祭実行委員会(各校同窓会代表で構成)
共催神奈川県教育委員会
開催日時平成22年9月25日(土)
会場横浜市西区紅葉坂 「県青少年センターホール」
幹事横浜翠嵐高等学校
協力者募集校歌祭準備・運営にご協力頂ける方へ

▲このページの先頭へ